特許庁に商標登録する前に検索と調査を

特許庁に商標登録の手続を行っても、既に他の誰かが先に商標登録を済ませている場合には、同じ様な内容では審査に合格することができません。

このため商標登録を受けることができるかどうかを事前に検討しておく必要があります。

特許庁に商標登録を行う際には事前の検索と調査が大切です。

(1)商標登録出願後は商標を改変することができません
特許庁に商標登録出願のための願書を提出した後は、願書に記載した商標を変更することが許されていません。

このため特許庁に願書を提出する前に後で変更することがないように内容を練り上げておく必要があります。

商標を検索した結果、似たような商標を発見した場合、そのまま出願したのでは審査に通らない場合があります。このため別の商標を考え直す必要があります。

別の商標に変更する場合でも、変更した後の商標と似た商標がないのかはまた改めて検索して調査し直す必要があります。

(2)特許庁に商標登録する際の検索には制限があります
特許庁に商標登録する際には事前の検索と調査が欠かせませんが、検索や調査には限界があります。

例えば、こちらが商標登録しようとする商標が実際に出願されているか、あるいは既に登録されているかどうかは検索して調査すれば分かります。しかしながら例えば昨日他の誰かが商標登録出願を済ませていたとしても、その内容は即時検索データベースに反映されるわけではありません。

直近に同じ内容の商標登録出願があったとしてもその内容は一定期間経過後でないと検索を行っても検索結果に表示されないブラックボックスの期間が存在します。

このため商標登録の可能性について100%大丈夫、とはいえないことに注意が必要です。

ただし特許庁の商標登録を検索してもそれを調査する手段が存在しないとしても、それは必ずしもあなただけが不利とはいえません。他の人も同じ条件で特許庁の商標登録を検索しているため、条件としては他の人と同じだからです。

特許庁に商標登録する前の検索の問題点

商標登録する前に検索と調査を行った場合、検索結果を正確に判断できることが必要です。
商標データベースにより特許庁に商標登録されているものを検索して調査することはできます。その結果、同じものが発見できた場合には特に問題はありません。

問題は似た様な他社の登録商標を発見した場合に、それが実際にこちらの商標登録の障害になるかどうかを判断できるかどうか、です。検索結果や調査結果を判断することができなければ何のための検索か、ということになるからです。

商標権の効力は同じ商標だけではなく、類似する商標にも及びます。このため、どの程度類似していればアウトになるのか、また逆にどの程度類似していなければ問題がなくなるのか判断できることがキーポイントになります。

特許事務所による商標の調査

どの程度近接しているものならアウトになるのかセーフになるのかといった問題はやはり専門家の意見を聞くことが一番です。

商標の調査を特許事務所に依頼すると通常は有料です。親切な事務所では無料で商標の調査に応じてくれますので、その様な特許事務所を丁寧に探すことも必要です。